亡くなってから葬儀を終えるまでの出来事

お葬式当日

葬儀・告別式の日のこと。お葬式をすませたら火葬場へ行き、お骨を拾って食事(精進落とし)をして解散します。なが~~い一日でした。
亡くなってから葬儀を終えるまでの出来事

戒名やお寺さんへのお礼の値段について

我が家は普段つきあいのあるお寺さんがありませんでした。 そこで葬儀社に相談して、父の実家の宗派のお寺さんを紹介していただきました。 葬儀社を経由するので聞きにくいことも相談できるし、価格表もありました。 こういうのは本当は値段...
亡くなってから葬儀を終えるまでの出来事

お通夜当日

お通夜当日とお葬式当日は、葬儀社のスタッフの言われたままに行動しました。 お通夜当日は・・・ 朝:ごはんを炊いて母が使っていたお茶碗に山盛りよそう。 上新粉でお団子を作り、白いお皿に並べる。(6個) 10時頃、遺体を自宅から...
亡くなってから葬儀を終えるまでの出来事

亡くなって3日目、お通夜までの間【No.3】

亡くなって3日後のお通夜当日までどういう風に過ごしたかというと・・・ 親戚でお花の数、お骨上げあとのお膳の数、お通夜のとき泊まる人の数など数の確定作業に追われました。 会葬御礼の文章のチェックもありました。 それ以外は、お...
亡くなってから葬儀を終えるまでの出来事

亡くなって翌朝。葬儀の日程を決める【No.2】

母が亡くなった翌朝。いつものように陽が昇りました。 いつものように母のベッドをのぞくと母が白い布をかけているのを見てなんともいえない気持ちになりました。 「おかーさん、どうしたの、白い布なんかかけちゃって?」 と思いました。 ...
亡くなってから葬儀を終えるまでの出来事

亡くなった当日のこと【No.1】

母はがんで、自宅療養をしていました。 7月はじめに余命は3か月と家族に告げられており、その通りに亡くなってしまいました。 亡くなったのは夜中。夜11時半でした。日付が変わるちょっと前でした。 お世話になっていた在宅専門...
日記

母が亡くなって一週間たちました

親を看取ることはだれにでも訪れることだと思い、その記録をしようとブログを開設しました。 でも実際には、気持ちの整理が全くできず、看取ったときの話やいわゆる末期の時の様子などを記すことはできませんでした。 ※これから整理し...
日記

末期がん患者のお見舞いで注意したほうが無難なこと

末期がんの母を在宅で看ていました。 (過去形です) といっても私一人で看ていたわけではなく、メインは同居している父、近くに住む妹と私という感じで看ていました。 わかってはいるものの、日に日に弱っていく姿を看ていくのはメンタル的...
日記

末期がん母の具合が悪くなって、攻撃的になったような気がする

母の具合が悪くなってしまいました。 余命3か月と言われたのが6月末。2か月が経過したことになります。 胸の水が圧迫するようで、息が苦しくなり酸素吸入器とオプソ(モルヒネ・医療用麻薬)を使うようになりました。 このころ、もう一つ...
日記

末期がんの場合、在宅医療のメリットとデメリット

在宅医療のクリニックでできないこととして、外科的な処置があります。 例えば、レントゲンやMRI・CTを撮ること、腹水や胸水を抜くことなどは設備が整っていないと難しいのでできません。 (血液検査はできます) どうしても必要と医師...